コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルユーブ カルユーブQalyūb

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルユーブ
Qalyūb

エジプト北部,カイロの北方 13km,カルユービーヤ県の町。ナイル川ラシード分流とズムヤート分流に分れるところにあるデルタ。ダムが近くにある。 1924年,ムハンマド・アリーが最初に近代的な綿織物工業をつくったことから綿織物絹織物業が盛ん。古いモスクも多く,アレクサンドリアポートサイドへ通じる鉄道の分岐点。人口8万 6684 (1986推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カルユーブの関連キーワードジャーミストン上層雲スカパ・フロータルカワノディムヤートハンバー[川]ビエリチカボルセナ[湖]トヨエースSKB鷹島海中ダム湖

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone