コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルユーブ Qalyūb

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルユーブ
Qalyūb

エジプト北部,カイロの北方 13km,カルユービーヤ県の町。ナイル川がラシード分流とズムヤート分流に分れるところにあるデルタ。ダムが近くにある。 1924年,ムハンマド・アリーが最初に近代的な綿織物工業をつくったことから綿織物,絹織物業が盛ん。古いモスクも多く,アレクサンドリア,ポートサイドへ通じる鉄道の分岐点。人口8万 6684 (1986推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カルユーブの関連キーワードアウグストゥスブルク宮殿ジャーミストン上層雲スカパ・フロータルカワノディムヤートハンバー[川]ビエリチカボルセナ[湖]今里伝兵衛

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android