コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上層雲 ジョウソウウン

4件 の用語解説(上層雲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょうそう‐うん〔ジヤウソウ‐〕【上層雲】

対流圏の上層に発生する雲。温帯地方では5~13キロの高さに現れる雲。巻雲巻積雲巻層雲など。→中層雲下層雲

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

上層雲【じょうそううん】

中緯度地域において地上から4〜12kmの高さに現れる雲。巻雲(けんうん),巻層雲巻積雲の3種があり,すべて氷晶からなる。温帯では13km以上の高空に雲が発生することはほとんどない。
→関連項目中層雲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

じょうそううん【上層雲】

対流圏上半、温帯地方ではおよそ5~13キロメートルの高さに現れる雲。ごく細かい氷晶からできている。巻雲・巻層雲・巻積雲など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上層雲
じょうそううん

雲はおもに対流圏の内部に発生するが、対流圏の上層、中層、下層によって、発生する雲の性質が異なっている。そこで、対流圏の上層に発生する雲を総称して上層雲という。巻雲(けんうん)、巻積雲、巻層雲、および高層雲の一部が含まれる。高度は、極地方で3~8キロメートル、温帯地方で5~13キロメートル、熱帯地方で6~18キロメートルである。雲粒はおもに氷晶からなり、雲層は一般に薄い。これは気温が低く、水蒸気量が少ないからである。[木村龍治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone