コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルルスハムン Karlshamn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルルスハムン
Karlshamn

スウェーデン南部,ブレーキンゲ県にある港町。金属加工,精糖,石材採掘などの工業が盛ん。 1668年に建設され,当初は漁業を中心としていたが,1806年に始るナポレオン大陸封鎖の時代に交易の中心地の一つとして発展した。旧跡としては,カルルグスタフ聖堂 (1702) ,旧市庁舎などがある。人口3万 1879 (1981推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android