カルロス クライバー(英語表記)Carlos Kleiber

20世紀西洋人名事典の解説

カルロス クライバー
Carlos Kleiber


1930.7.3 -
オーストリアの指揮者。
ベルリン生まれ。
父は名指揮者クライバー,エーリヒ。幼い頃、ベルリンからブエノスアイレスに移る。父の反対を押し切り、1954年ポツダムの劇場指揮者となり、本格的に指揮者としてデビュー。以後、ジュッセルドルフシュトゥットガルトなどの各劇場を経て、’68年以来ミュンヘンのバイエルン国立劇場を中心に活動。’74年同劇場の日本公演に同行して初来日、洗練された感覚、華麗な感情表現力による素晴らしい演奏を披露。ミュンヘンを本拠地とし、ヴェーバーの「魔弾の射手」、ビゼーの「カルメン」などの演奏によって世界的名声を得る。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

カルロス クライバー

生年月日:1930年7月3日
オーストリアの指揮者
2004年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android