カルヴァリア-ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園(読み)カルヴァリアゼブジトフスカ マニエリスムようしきのけんちくとこうえんのけいかんふくごうたいとじゅんれいこうえん

世界遺産詳解の解説

カルヴァリアゼブジトフスカ マニエリスムようしきのけんちくとこうえんのけいかんふくごうたいとじゅんれいこうえん【カルヴァリア-ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園】

1999年に登録された世界遺産(文化遺産)で、ポーランドの南部に位置する、キリスト教徒の巡礼の聖地。1600年、ゼブジトフスカという人物がこの地に礼拝堂を造り、その後、シトー会修道士のすすめでエルサレムのゴルゴタの丘を模して、名高い巡礼地の一つとなった。人類の歴史上、重要な時代を例証するものとして世界遺産に登録された。◇英名はKalwaria Zebrzydowska : the Mannerist Architectural and Park Landscape Complex and Pilgrimage Park。カルヴァリアとは「ゴルゴタ」を示すラテン語が語源。

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android