コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カロテン血症 カロテンけっしょうcarotenemia; carotinemia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カロテン血症
カロテンけっしょう
carotenemia; carotinemia

柑皮症ともいう。柑橘類,カボチャ,トマト,ノリなどカロテンを多量に含んだ食品を大量に食べることによって,カロテン (→ビタミンA ) が血漿中に増加した状態をいう。皮膚,特に手掌などが黄色を帯びるので,黄疸と混同されることがあるが,黄疸と違って眼球結膜は黄染しない。乳児,脂肪食を摂取する成人,去勢した男子,汎下垂体機能低下症粘液水腫,糖尿病などでもみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カロテン血症の関連キーワード柑皮症

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android