カワラヨモギ(読み)かわらよもぎ

  • Artemisia capillaris Thunb.
  • かわらよもぎ / 河原艾

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キク科の多年草であるが、茎下部が木質化して亜低木となる。花をつけない茎は短く、上部に葉を叢生(そうせい)してロゼット状となる。花をつける茎は高さ0.3~1メートル、よく分枝する。いずれの葉も1、2回羽状に全裂する。両面に灰白色の絹毛が密生するものから無毛に近いものまである。9~10月、大きな円錐(えんすい)花序に多数の頭花をやや密につける。根にハマウツボが寄生することもある。本州から沖縄の海岸や河原の砂地に生え、朝鮮半島、フィリピン、中国からネパールに分布する。[小山博滋]

薬用

漢方では若芽の先を摘んだものを茵(いんちんこう)または綿茵(めんいんちん)と称し、利尿、利胆、解熱剤として、黄疸(おうだん)、肝炎、食中毒、じんま疹(しん)、ネフローゼなどの治療に用いる。果穂を用いることが多いが、若芽のほうが作用が強い。[長沢元夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカワラヨモギの言及

【ヨモギ(艾∥蓬)】より

…果実は長さ1mm内外で倒卵形。 カワラヨモギA.capillaris Thunb.は海岸,川岸の砂地に生え,亜低木となる。本州~琉球,朝鮮,フィリピン,中国,ネパールに分布する。…

※「カワラヨモギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android