コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンギュル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンギュル

チベット大蔵経」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンギュル
かんぎゅる
bKa' 'gyur

甘殊爾(かんじゅる)と音写する。西蔵大蔵経(チベットだいぞうきょう)(チベット語訳の仏典の集成)の二大部の一、仏説部をいう。本来は「チベットに転成した仏説(仏陀(ぶっだ)のことば)」という意味であるが、「翻訳した仏説」の意に理解されている。顕教に属する律部と経部、真言(しんごん)(密教)に属するタントラ部(経部)からなる。経部の一部分と律部に小乗経典、経部の大部分に大乗経典、タントラ部に金剛乗(こんごうじょう)経典が収載され、総経典数は1000余点に及ぶ。大小乗経典の大部分は9世紀前半、他の多くは11世紀前後以降にチベット語訳された。ナルタン寺での集成が基礎となっているが、経典の配列は各版本によって異同がある。[原田 覺]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カンギュルの関連キーワード多田等観甘殊爾仏説

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android