コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンジダ性間擦疹 かんじだせいかんさつしん Intertriginous Candidiadis

1件 の用語解説(カンジダ性間擦疹の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

かんじだせいかんさつしん【カンジダ性間擦疹 Intertriginous Candidiadis】

[どんな病気か]
 カンジダという真菌(しんきん)(かびの仲間)が、腋窩(えきか)(わきの下)や股部(こぶ)など、皮膚の擦(こす)れ合う部分で増殖しておこる皮膚病です。このかびは、健康な人の口の中や陰部などにも棲(す)んでいますが、皮膚の温度や湿度が高くなったときに増えて病気をおこします。
[症状]
 関節のひだの部分が赤くなり、白く皮がむけたり、ひどくなるとただれてきます。赤ん坊のおむつの下や股(また)の間、太った人や汗をかきやすい人、また、まひなどで関節の動きが悪くなったときにできやすい傾向があります。
[診断]
 皮膚の表層の一部をはがしてとり、苛性(かせい)カリ法という、かびの診断によく用いられる検査で菌がいることを証明します。
[治療]
 カンジダ症に有効な、各種の外用抗真菌薬が市販されています。1日1~2回、患部に塗ります。
 この病気を含め、この後にあげたカンジダ症すべての治療に共通していえることは、患部をできるだけ清潔に、乾燥した状態に保つことです。極端にいえば、多くの皮膚カンジダ症は患部を乾燥した状態に保つだけで自然に治ります。ただし、今後、高齢者や、さまざまの病気や障害でからだの動きが制限された人が増えるにともない、この病気に悩まされるケースが増える可能性もあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

カンジダ性間擦疹の関連キーワードカンジダ症クリプトコッカス症真菌症トリコマイシン何心地不死身冥土にも知る人病は気から鵝口瘡

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone