コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンチェンジュンガ(英語表記)Kumbhkaran Lungur; Kanchenjunga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンチェンジュンガ
Kumbhkaran Lungur; Kanchenjunga

ヒマラヤ山脈東部,インド北東部のシッキム州ネパール東部の国境に位置するカンチェンジュンガ山群の最高峰で,世界第3位の高峰。標高 8586m。山名はチベット語で「五つの偉大な雪の宝庫」を意味するが,その名が示すように五つの峰をもち,周囲をゼム(北東),タルン(南東),ヤルン(南西),カンチェンジュンガ(北西)の氷河が取り囲んでいる。1955年,チャールズ・エバンズを隊長とするイギリス隊が初登頂に成功。2016年,シッキム州にあるカンチェンジュンガ国立公園が,豊かな自然と生物多様性をもち,仏教徒らの信仰の対象となっていることの価値が認められ,世界遺産の複合遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カンチェンジュンガ(Kanchenjunga)

ヒマラヤ山脈東部の高峰。エベレスト東方、ネパールとインドのシッキム州との国境にあり、標高8586メートルは世界第3位の高さ。1955年、英国隊が初登頂。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

カンチェンジュンガ【Kanchenjunga】

ヒマラヤ山脈、エベレストの東方に位置する世界第三位の高峰。海抜8598メートル。ネパールとインドのシッキム州の国境にある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android