カンファー(英語表記)camphor

翻訳|camphor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンファー
camphor

化学式 C10H16O 。ショウノウともいう。医薬分野ではカンフルという。モノテルペンケトンの一種。 (1) D体 クスノキの材片を水蒸気蒸留して得られる。無色透明の板状晶。特臭をもつ昇華性物質。融点 179℃。強心剤として使われるが,特に生体酸化中間体はビタカンファーと呼ばれ,強力な作用をもつ。このほか香粧品,ラスト法分子量測定にも用いられる。 (2) DL体 α-ピネンから有機合成される。融点 179℃。光学的に不活性であるが,D体と生理作用は同じである。いずれも可塑剤としてセルロイドに,また衣服の防虫剤薫香に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のカンファーの言及

【カンフル】より

…カンファーcamphorともいう。ショウノウ(樟脳)の医薬品名。…

【ショウノウ(樟脳)】より

クスノキに大量に含有されるテルペン系のケトン化合物。カンファー,医薬関係ではカンフルとも呼ばれている。特有のきつい芳香と焼けるような味をもつ無色透明の固体。天然のショウノウはd‐体が普通で,l‐体はごくまれに植物精油中に含まれ,合成ショウノウはdl‐体である。d‐ショウノウは融点178.45℃,沸点209℃(昇華),比重0.9853,比旋光度=+44(エチルアルコール)。アルコール,アセトン,エーテル,ベンゼンなどの有機溶媒に溶け,水には溶けにくい。…

【カンフル】より

…カンファーcamphorともいう。ショウノウ(樟脳)の医薬品名。…

【ショウノウ(樟脳)】より

クスノキに大量に含有されるテルペン系のケトン化合物。カンファー,医薬関係ではカンフルとも呼ばれている。特有のきつい芳香と焼けるような味をもつ無色透明の固体。…

※「カンファー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android