カーシム朝(読み)カーシムちょう(英語表記)Qāsim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーシム朝
カーシムちょう
Qāsim

1962年まで続いたイエメン王朝イスラム教シーア派の穏健派であるザイド派イマームが代々の君主。ザイド派は9世紀よりイエメンで独立政権を樹立し,その王朝はラッシ朝として知られていた。 13世紀にラッシ朝は滅んだが,ザイド派の影響力は根強く残り,16世紀末カーシム・アルマンスール (在位 1597頃~1620) がザイド派の政権カーシム朝を再興した。その後オスマン帝国による直接,間接の支配を受けながら第1次世界大戦にいたり,1918年にイエメンは完全に独立した。 62年イマーム・アフマドが没し,ムハンマド・アルバドルが即位したが,共和派の革命が起り,新国王はサウジアラビアに亡命した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android