コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーブース Qaboos bin Said

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーブース
Qaboos bin Said

[生]1940.11.18.
オマーンの君主 (スルタン,在位 1970~ ) 。前スルタンサイード・イブン・タイムールとドファール山岳部族長アハマドの娘との間に生れ,サンドハースト英陸軍士官学校卒業。 1964年に帰国後父により幽閉されたが,70年7月宮廷クーデターにより父を追放し,スルタンの位につき,71年以降,首相,蔵相,外相,国防相を兼ねて現在にいたる。前スルタン時代の鎖国政策を改めて国際的にオマーンの地位を高めるとともに,石油収入による近代化路線を推進。

カーブース
Qābūs b. Washmgīr

[生]?
[没]1012
イランのカスピ海南岸地方を支配したジヤール朝第4代の王 (在位 977~1012) 。ブワイフ朝と争って敗れ,長年その領土を追われていたが,のちに旧領土を回復。詩人として名高く,また学者,文人の保護者としても知られる。その生涯は,彼の孫カイ・カーウースの著わした『カーブースの書』 Qābūs Nāme (82) に記されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のカーブースの言及

【ゴンバデ・カーブース】より

…初期イスラム建築の傑作の一つ。1006∥07年に,カスピ海南岸地方を支配したジヤール朝の君主カーブースの命で建造された。墓廟という機能のほかに支配者の権威を象徴する役割をも果たしたと考えられる。…

※「カーブース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カーブースの関連キーワードゴンバデ・カーブースゴンバデゴンバデカーブースオールドマスカットビールーニーイスラム美術サラーラタカ

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カーブースの関連情報