コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元素の存在度 げんそのそんざいど abundance of elements

1件 の用語解説(元素の存在度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

元素の存在度
げんそのそんざいど
abundance of elements

地球,太陽など天体の一部または全部,あるいは天体とまわりの空間における各元素の存在量の比のこと。普通,比は原子数比で表わされるが,重量比で表わされることもある。しばしば水素原子数を 1012 として,あるいはケイ素原子数を 106 として表わされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

元素の存在度の関連キーワード天体可動堰トラックシステム除き高免租戻し税太陽系外縁天体トンスラ早期償還脱落症状

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone