コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元素の存在度 げんそのそんざいどabundance of elements

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

元素の存在度
げんそのそんざいど
abundance of elements

地球,太陽など天体の一部または全部,あるいは天体とまわりの空間における各元素の存在量の比のこと。普通,比は原子数比で表わされるが,重量比で表わされることもある。しばしば水素原子数を 1012 として,あるいはケイ素原子数を 106 として表わされる。宇宙存在度は観測可能な宇宙の範囲内の全物質の元素組成として,観測により,また理論的に推定された値である。実際は太陽と恒星大気の分光分析,隕石,特に炭素質コンドライトの化学分析,一次宇宙線の組成分析が基礎データを与えるため,太陽系近傍の元素の存在度の推定値と考えたほうがよい。その概略の数は水素 1012 に対しヘリウムは約 10分の1,炭素,窒素,酸素は 1000分の1の桁,ケイ素はほぼ 100万分の1である。マグネシウム,鉄はケイ素と同程度で,カルシウム,アルミニウムはその約 10分の1,他の元素はさらに少い。地殻存在度は地球外層部の直接観察可能な気圏,水圏,岩石圏の元素の存在度で,1924年 F.クラークによって初めて与えられた。この数をクラーク数という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

元素の存在度の関連キーワード宇宙存在度[元素]ゴルトシュミットアルカリ土類金属ハーキンズの法則マグネシウムアルミニウムケイ素気圏水圏

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android