コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーベリ川 カーベリがわ Kāverī

2件 の用語解説(カーベリ川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーベリ川
カーベリがわ
Kāverī

別綴 Cauvery。インド南部の川。ウェスタンガーツ山脈に源を発し,カルナータカ州の高原を南東に流れ,タミルナードゥ州の平野を東へ流れて,下流部で広大な三角州を形成し,ベンガル湾に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーベリ川
かーべりがわ
Kaveri

インド南部の川。コーベリ川ともいう。西ガーツ山脈のブラーマギリ山(1335メートル)に発し、カルナータカ州南部とタミル・ナド州を流れ、ベンガル湾に注ぐ。全長760キロメートル東ガーツ山脈を横切る中流部には比高98メートルに及ぶカーベリ滝があり、水力発電に利用されている。川はティルチラーパリより下流でいくつにも分岐し、面積約1万平方キロメートルにも及ぶ巨大なデルタを形成する。ここには紀元2世紀につくられたグランド・アニカット水路をはじめとして灌漑(かんがい)水路網が張り巡らされ、きわめて豊かな米作地域となっている。タンジャブールをはじめ歴史的にも重要な都市が多く、「南インドの庭」または「南のガンジス」とよばれている。上流部マイソール付近のクリシュナラジャサガラ・ダムや、中流部サレムの北のメツール・ダムなどによって流域の灌漑、電化も進み、南インド経済を支える重要な川となっている。[貞方 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カーベリ川の関連キーワードインバーカーギルコインバトールタミルテムズ川南極区ムンドゥウインドドラビダ族トウィード[川]スコットランド南部高地

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone