カーマイル ショータン(英語表記)Camille Chautemps

20世紀西洋人名事典の解説


1885.2.1 - 1963.7
フランスの政治家。
元・フランス首相
パリ生まれ。
弁護士の出身で、1912年より13年間トゥール市長を務め、’19年急進社会党の代議士に当選する。’24年より2年間に左翼連合の内相や法相として活躍し、’33年自ら内閣を組織し、首相。しかし「スタビスキー事件」での事件解明に消極的だった事から右翼団体に非難され、2カ月で辞職。’37年から1年間第二次人民戦線派内閣の首相となる。その後急進社会党単独で内閣を組織し、第二次大戦中レイノー内閣の副首相となる’40年特派使節として渡米し、対ドイツ協力の欠席裁判となり、5年の禁固刑判決を受けるが、服役を免れた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android