カール クラウス(英語表記)Karl Kraus

20世紀西洋人名事典「カール クラウス」の解説

カール クラウス
Karl Kraus


1874 - 1936
オーストリア批評家,劇作家
ボヘミア生まれ。
裕福なユダヤ人の家庭に生まれ、反ジャーナリズムの立場から、言葉の退廃現象に着目し、自らの敏感な言語感覚で1899年創刊の個人誌「炉火」によって、痛烈な風刺に満ちた時代批評を36年間にわたって展開。作品は多岐にわたるが、1919年の「人類最後の日々」ではオーストリアの崩壊仮借のない筆致で描き、ナチスを批判した「ワルプルギスの第三夜」(1922年)は、戦後の’47年に設立されたカール・クラウス協会によって公開された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android