炉火(読み)ろか

精選版 日本国語大辞典「炉火」の解説

ろ‐か ‥クヮ【炉火】

〘名〙
① 囲炉裏(いろり)の火。ろび。《季・冬》
※太平記(14C後)一二「炉(ロ)火忽に消て、空く冷灰に成にければ」 〔南斉書‐褚澄伝〕
② 道家の術の一つ。仙薬を練る術。〔神仙伝六・李少君〕

ろ‐び【炉火】

〘名〙 =ろか(炉火)《季・冬》
※春寒浅間山(1946)〈前田普羅白根の巻「父母は目出度きことに炉にあり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の炉火の言及

【灯火】より

…夜間や暗所で明りをとるための灯火として,最も基本的なものは炉火,松明(たいまつ),ろうそく,ランプの4種であった。
[炉火]
 人間の住居として欠かせない要件は,外界から居住空間を区画する建物と,その内部に燃えるである。…

※「炉火」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android