コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カールス教会 カールスキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

カールス‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【カールス教会】

Karlskirche》オーストリアの首都、ウィーンの中心部にある教会。マリア=テレジアの父、カール6世がペスト撲滅を祈願し、フィッシャー=フォン=エルラッハとその息子ヨーゼフ=エマニュエルの設計により1739年に建造。バロック建築の傑作として名高い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カールス教会の関連キーワードフィッシャー・フォン・エルラハテレジア

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android