エマニュエル(英語表記)Emmanuel, Pierre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エマニュエル
Emmanuel, Pierre

[生]1916.5.3. バスピレネー,ガン
[没]1984.9.22. パリ
フランスの詩人,評論家。本名 Noël Mathieu。広い視野と人間の根源的問題に対する深い洞察とにより,現代フランス詩壇で独自の地位を占めたカトリック詩人。現代の人間が直面しているあらゆる問題を全体的,統一的にとらえようと試みる野心的,予言者的詩人でもあった。その詩は,好んで定型詩で書かれている。 1968年アカデミー・フランセーズ会員。主著,詩集『オルフェの墓』 Le Tombeau d'Orphée (1941) ,『バベル』 Babel (52) ,『時代の傾斜』 Le Versant de l'âge (58) ,『新生』 La Nouvelle naissance (63) ,評論『詩・燃える理性』 Poésie,raison ardente (47) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エマニュエル【Pierre Emmanuel】

1916‐84
フランスの詩人。バス・ピレネーに生まれる。ピエール・ジャン・ジューブの強い影響を受け,カトリックの立場から現実を人間そのものの危機としてとらえて,1940年に処女詩集《悲歌》を発表。第2次大戦でフランスがドイツに占領されると対独レジスタンスの地下出版に協力しながら,《オルフェの墓》(1941),《汝の守護者とともにたたかえ》(1942)などの力作をあいついで刊行した。詩人には,自己の苦悩から出発して存在の根源を幻視する予言者的な役割があるとする彼は,戦後も《ソドム》(1946),《バベル》(1952)などの大作を出し,叙事詩風の格調の高い詩風で戦後期のフランス詩を代表する一人となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エマニュエル
えまにゅえる
Pierre Emmanuel
(1916―1984)

フランスの詩人。ジューブ、クローデルらの影響を受け、対独抵抗運動期の詩集『オルフェの墓』(1941)で一躍注目されたのち、格調高い叙事詩的作風を確立して戦後期を代表するカトリック詩人となる。ほかに『汝(なんじ)の守護者とともに戦う』(1942)、『ソドム』(1944)、『バベル』(1952)のほか、近作に『ソフィア』(1973)、『決闘』(1979)などがある。詩人論や自伝的作品などの著作もある。[田中淳一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エマニュエルの関連情報