フォン(英語表記)phon

翻訳|phon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォン
phon

音の大きさのレベルを表わす単位。記号は phon。周波数 1kHz,音圧レベル NdBの音の大きさのレベルを Nフォンとし,正常な聴者がこの音と同じ大きさに聞えると判断した任意の周波数の音の大きさのレベルを同じ数値 Nフォンで表わす。人間の聴覚は周波数によって違うので,異なる周波数の音ではデシベル単位ではかった音圧レベルの数値とフォン単位ではかった音の大きさのレベルの数値とは一致しない。たとえば 4kHz,約 75dBの音と 50Hz,約 85dBの音はともに 1kHz,80dBの音と同じ大きさに聞えるので,これらの音の大きさのレベルはすべて 80phonである。なおフォンは騒音レベルの単位ホンとは異なる。単位名はギリシア語のフォーネ (音) に由来する。 (→音の大きさ , ソーン )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

フォン(phon)

人間の聴覚を基準にした音の大きさのレベルの単位。周波数1キロヘルツの純音の音圧レベルと同じ大きさに聞こえる音を、デシベルと同じ数値で表す。一般に、騒音の大きさをいうホンとは使い分けられる。→ホン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

フォン【fond(フランス)】

西洋料理、特にフランス料理に用いるだし汁で、主としてソースのもととする。ブイヨンよりも濃厚なだし汁で、材料を水から煮込んだ白色系のフォンと、材料をフライパンで炒めるか、オーブンで焼いて焦げ色をつけてから煮込む褐色系のフォンに大別される。白色系のフォンにはフォン・ブラン(fond blanc、「白いフォン」という意。子牛・鶏でとる)、フォン・ド・ボライユ(鶏のフォン)、フュメ・ド・ポワソン(魚のフォン)が、褐色系のフォンにはフォン・ブラン(fond brun、「茶色のフォン」という意。牛・子牛でとる)、フォン・ド・ボー(子牛のフォン)などがある。◇「基礎・土台」という意。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

フォン【fond】

フランス料理で、ソースや煮込みの下地に使うだし汁。

フォン【phon】

ホン

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のフォンの言及

【ソース】より

…その種類は数百種とも数千種ともいわれるが,すべて基本となる数種のソースの応用形であると考えられる。 ほとんどのソースの土台となるのはだしで,白色系のソースの土台となる〈白いフォンfond blanc〉と茶色系ソースの土台となる〈茶色いフォンfond de veau〉,鶏をはじめとする家禽(かきん)類の料理用の〈鶏のフォンfond de volaille〉,それに魚料理に用いる〈魚のフュメfumet de poisson〉がある。これにルーrouxをはじめとする種々のつなぎを合わせてソースが作られる。…

※「フォン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フォンの関連情報