カーンヘリー石窟(読み)かーんへりーせっくつ(英語表記)Kanheri Caves

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーンヘリー石窟
かーんへりーせっくつ
Kanheri Caves

インド、ムンバイ(ボンベイ)の北42キロメートルの国立公園にある仏教石窟寺院。市の周辺には古代石窟寺院の遺跡が多いが、これもその一つでカーネリイ石窟ともいう。国立公園のいくつかの丘の、巨大な石塊をなす岩山に築かれ、石窟は総数109窟を数え、周囲は樹林が繁茂し、高所からはアラビア海を望む見晴らしのよい位置を占める。石窟は祠堂(しどう)と僧院を含むインド仏教寺院石窟の形式を踏襲。なかでも代表的な石窟は第3窟の祠堂で、中にストゥーパがあり、前室の両側壁に仏陀(ぶっだ)の立像を彫出、入口の左右に奉献者と思われる男女の像が浮彫りされ、石窟の開削は刻銘から2世紀末ころと推定される。石窟の形式は大小さまざまで一様ではないが、2世紀から8世紀末までの間に次々とつくられたものらしい。
 同じデカン高原の石窟寺院であるアジャンタやエローラの同時期のものに比べると、西方の影響が濃いのが特徴である。10世紀になると仏教は衰え、イスラム教徒の侵入により、石窟は大きな損傷を受けた。16世紀前半の新しい征服者であったポルトガル人は、この石窟の一部をセント・ミカエルというキリスト教の寺院にかえたことがあった。[永井信一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

カーンヘリー‐せっくつ〔‐セキクツ〕【カーンヘリー石窟】

Kanheri Caves》インド西部、マハラシュトラ州にある仏教の石窟寺院群。州都ムンバイの北約40キロメートル、サンジャイガンジー国立公園内の岩山に位置し、紀元前1世紀以降に造られた100以上もの石窟がある。僧の修行の場だったため、遺跡の保存状態がよく、美しい浮き彫りが数多く残っている。カンヘーリー石窟。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android