コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カ氏温度 カシオンド

デジタル大辞泉の解説

カし‐おんど〔‐ヲンド〕【カ氏温度】

1724年、ドイツの物理学者ファーレンハイト(G.D.Fahrenheit)が考案した温度目盛り。氷と食塩の混合物の温度を零、人間の体温を96度として定めたもの。これによると水の氷点は32度、沸点は212度になる。記号°F セ氏温度への換算は、5/9 (F-32)で得られる。カ氏華氏温度ファーレンハイト度
[補説]「カ氏」を「華氏」とも書くのは、考案者ファーレンハイトの中国語表記が「華倫海」であることによる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カ氏温度の関連キーワードBritish thermal unitsヤード・ポンド法カ氏温度目盛りヤードポンド法セルシウス度エフ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android