カ氏温度(読み)カシオンド

デジタル大辞泉の解説

カし‐おんど〔‐ヲンド〕【カ氏温度】

1724年、ドイツの物理学者ファーレンハイト(G.D.Fahrenheit)が考案した温度目盛り。氷と食塩の混合物の温度を零、人間の体温を96度として定めたもの。これによると水の氷点は32度、沸点は212度になる。記号°F セ氏温度への換算は、5/9 (F-32)で得られる。カ氏華氏温度ファーレンハイト度
[補説]「カ氏」を「華氏」とも書くのは、考案者ファーレンハイトの中国語表記が「華倫海」であることによる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android