コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガイタ Stanislas de Guaïta

世界大百科事典 第2版の解説

ガイタ【Stanislas de Guaïta】

1861‐97
フランスの詩人,オカルティスト。ロンバルディアに生まれ,アルトビルに死す。3冊の神秘的な詩集《渡り鳥》(1881),《黒い美神》(1883),《神秘の薔薇(ばら)》(1885)を発表して,オカルティズムの研究と再建に貢献する。はじめE.レビの弟子であったが,のちに独立し,薔薇十字団の革新のために尽くす。この方面の著作には,《神秘の門出に》(1886),《サタンの神殿》(1892)などがある。【巌谷 国士】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のガイタの言及

【スペイン音楽】より

…バイオリンやその祖形であるラベルrabelも地方により用いられるが一般的とはいえない。管楽器も,ガイタgaitaと呼ばれる縦笛,ドゥルサイナdulzainaと呼ばれる素朴なクラリネット,あるいはバッグパイプ(これもガイタと呼ぶことが多い)など,地方によっていろいろな種類が用いられる。打楽器はともに古い起源をもつタンバリン(パンデレータpandereta)とカスタネット(カスタニュエラスcastañuelasまたはパリーリョスpalillos)のほか,大小の太鼓類がある。…

※「ガイタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガイタの関連キーワードエディシオ デ・ラ・トーレフィッチ(ケナガイタチ)ヨーロッパケナガイタチ自由党[コロンビア]イネクロカメムシシロアシネズミポールキャットケナガイタチタール[山]コロンビア史スールナーイロシア連邦ボゴタ会議1月23日ボゴタッソフェレットコレオーニボゴタ騒動オーボエガイタン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android