コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガウゼの法則 Gause's law

世界大百科事典 第2版の解説

ガウゼのほうそく【ガウゼの法則 Gause’s axiom】

食物や生活空間などの生活に必須な要求が似かよった近縁な2種は同一場所で共存することがむずかしく,種間競争によって最終的には必ず一方が他方によってそこから排除されてしまう,という仮説。このような考えはC.ダーウィンの自然淘汰説の主要な柱でもあったため,多くの研究者によって古くよりいろいろな形で主張されてきた。数式モデルによってこのような考えに理論的な考察を加えたのはボルテラV.Volterra(1926)とロトカA.J.Lotka(1932)が最初であるが,1934年にソビエトのガウゼG.F.Gauseが酵母菌とゾウリムシを用いて初めて詳細な実験的研究を行い,種間競争によって一方が他方を駆逐してしまうという現象を明確に実証したところから,後にこのような考えがガウゼの法則(仮説)と呼ばれるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のガウゼの法則の言及

【競争】より

…種内競争はどんな個体が争いに勝つかという個体レベルでの現象であるのに対し,種間競争はどちらの種が争いに勝って相手種を圧倒するかという点が問題となるので,個体群レベルでの現象になる。典型的な種間競争(ガウゼの法則)は実験によって作り出すことができるが,野外においても海岸の潮間帯上位と中位でのイワフジツボ属とフジツボ属の分布が競争の結果として決まっていることが証明されているし,トビイロシワアリとトビイロケアリがアブラムシ(アリマキ)のいる木の枝をめぐって競争することも知られている。資源の乏しい砂漠などでは,ネズミとアリが同一資源,たとえば植物の種子をめぐって競争し合うこともあるといわれる。…

※「ガウゼの法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガウゼの法則の関連キーワード競合排除の原理ガウゼの原理原理

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android