ガザール川(読み)ガザールがわ(英語表記)Baḥr al-Ghazāl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガザール川
ガザールがわ
Baḥr al-Ghazāl

南スーダン北部を流れるナイル川の支流。全長 716km。ノウ湖を経てジャバル川と合流し,東流してホワイトナイル川に注ぐ。ガザールはカモシカの意。コンゴ民主共和国や中央アフリカ共和国との国境地帯に発する河川から上流の水を集めるが,ガザール川と呼ばれるのはこれらの諸川を合流させてからである。かつてギリシア人によってナイル川の源流と考えられていたことがあり,探検史とスーダンの歴史にも大きな役割を演じた。また 1772年にはフランスの地理学者ジャン=バプテスト・B.ダンビルによって地図に描かれた。近代以降もホワイトナイル川との合流点から上流 488kmのワーウまでの河川運輸によって地方経済に貢献している。しかし,スッド地方を通過する際,流量は半減し,ノウ湖への流量は,最大でも毎秒 48m3にすぎない。沿岸地方にはハエの媒介するフィラリアの人体寄生による眼病,失明が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる