コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガジアンテプ

百科事典マイペディアの解説

ガジアンテプ

トルコ南部の同名県の主都。古名アインターブまたはアンテプ綿織物・羊皮加工・食品工業が盛んで,タバコ,綿花などを輸出する。古来,アナトリアとシリアを結ぶ交通,戦略上の要衝。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガジアンテプ【Gaziantep】

トルコ南東部にあり,同名県の県都。人口71万6000(1994)。かつてはアインターブ‘Aynṭāb,あるいはアンテプAntepと呼ばれた。アナトリアとシリア,メソポタミア地方とを結ぶ交通・戦略上の要地で,16世紀にオスマン帝国の領域に入るまで,ビザンティン,アルメニア,十字軍,トルコ系,アラブ系など,その支配勢力の変遷は著しかった。第1次世界大戦後の祖国解放運動の際,市民軍はフランス侵入軍を相手に長期にわたる抵抗戦を戦い抜き,この功績によってアンテプ市は1921年2月6日トルコ大国民議会から〈ガージー(聖戦士)〉の称号を贈られた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ガジアンテプの関連キーワードオジャランハタイ

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android