コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガスキャップ押し ガスキャップおしgas cap drive

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガスキャップ押し
ガスキャップおし
gas cap drive

油層の上部にガスがある (ガスキャップという) 場合に,油の生産に伴う油層圧の低下に応じてガスキャップが膨張し油を坑井のほうへ押出すもので,排油機構の分類の一つ。実際の油田においては,油膨張押し,溶解ガス押し,水押し,重力押しなど他の排油機構と組合さって作用している場合が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android