コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガスハイドレート gas hydrate

デジタル大辞泉の解説

ガス‐ハイドレート(gas hydrate)

大陸棚斜面の海底下数百メートルのところやシベリア・アラスカの永久凍土中など低温・高圧の場所で生成される、水の分子間にガスを閉じこめてシャーベット状になった化合物。ガスがメタンの場合はメタンハイドレートという。将来のエネルギー資源として期待が高い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ガスハイドレート【gas hydrate】

海底や永久凍土などの特定の温度・圧力条件下において、水分子の中にメタンなどの気体分子が取り込まれて形成されるシャーベット状のガス水和物の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガスハイドレート
がすはいどれーと
gas hydrate

海底の大陸斜面堆積(たいせき)物や永久凍土中に存在し、水分子のつくる籠(かご)状構造の中にガス分子を含む化合物。ガス分子がメタンである場合は、メタンハイドレートとよばれる。[村田明広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ガスハイドレートの関連キーワード千葉石NGH総称

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android