ガス状汚染物(読み)ガスじょうおせんぶつ(英語表記)gaseous contaminants

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガス状汚染物
ガスじょうおせんぶつ
gaseous contaminants

大気汚染物質のなかで,ガス状のものをいう。一酸化炭素炭化水素硫黄酸化物窒素酸化物,オゾンなどのオキシダントで,これらは多少なりとも,どこにでも存在している。このほかにアルデヒドフッ化水素なども大気中にごく微量は存在するといわれている。さらに,局所的な汚染源として,硫化水素メルカプタンアンモニア,塩素などがあり,有機溶剤の蒸気などの存在も認められる。すべて液体は一定の蒸気圧を有しており,微量分析の技術と機器の発達とともに,常温でもガス状汚染物質として定性定量分析の対象となってきた。硫黄酸化物については各種対応策によって大気汚染の状況は著しく改善されてきているが,窒素酸化物については依然として深刻な状況にある。また,近年では地球温暖化問題を背景として二酸化炭素の排出削減が大きな課題となってきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android