ガブリエル ガルシア・マルケス(英語表記)Gabriel García Márquez

20世紀西洋人名事典の解説

ガブリエル ガルシア・マルケス
Gabriel García Márquez


1928.8.16 -
コロンビア小説家
アラカタカ生まれ。
幼・少年時代を祖父母に育てられ、強い文学的影響を受けた。大学中退の後はジャーナリストとして、パリ、ローマに、1959年にキューバに滞在し、「落葉」(’55年)、「大佐に手紙は来ない」(’61年)、「ママ・グランデの葬儀」(’62年)などの小説を発表した。’67年に刊行された「百年の孤独」でラテンアメリカ現代小説の代表的存在となり、その後’75年には「族長の秋」を書き、’81年の「予告された殺人の記録」と共に超ベストセラーとなった。’82年にはノーベル文学賞を受賞した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2012の解説

ガブリエル ガルシア・マルケス
ガブリエル ガルシアマルケス
Gabriel García Márquez


国籍
コロンビア

専門
作家

本名
Gabriel José García Marquez

別名
Gabo 別名=García Marquez

生年月日
1928/3/6

出生地
サンタ・マリア州アラカタカ

学歴
ボゴタ大学法科中退

経歴
8歳まで母方の祖父母のもとで育つ。この幼年時代に祖母から聞いたさまざまな超現実的な話が後の作風に決定的な影響を与えた。ボゴタ大学中退後、1954年新聞記者となり、パリ、ローマに滞在し、映画批評の執筆やローマの国立映画実験センターで学んだりした。’59年キューバに渡りカストロを知り、キューバ革命成立とともに国営通信社・プレンサ・ラティーナのボゴタ支局編集長となったが、間もなく絶縁。’61年メキシコに渡り、映画製作に従事しながら創作活動に専念する。のちバルセロナに住む。’67年に発表した長編「Cien años de soledad(百年の孤独)」がスペイン語圏で空前のベストセラーとなり、世界各国に翻訳され現代ラテン・アメリカ文学の旗手となる。’80年メキシコへ亡命するが’82年に帰国。同年ノーベル文学賞を受賞。ほかの代表作に「落葉」「大佐に手紙は来ない」「エレンディラ」「悪い時」「族長の秋」「予告された殺人の記録」「コレラの時代の愛」「迷宮の将軍」「ある遭難者の物語」「愛その他の悪霊について」「戒厳令下チリ潜入記」「誘拐」など。’86年に結成された新ラテンアメリカ映画基金(FNCL)の理事長でもある。’90年新ラテンアメリカ映画祭出席のため来日。’97年メキシコに移住。

受賞
ノーベル文学賞〔1982年〕 ロムロ・ガリェゴス賞〔1972年〕「百年の孤独」

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

367日誕生日大事典の解説

ガブリエル ガルシア・マルケス

生年月日:1928年8月16日
コロンビアの作家

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android