コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガラスの崖 ガラスノガケ

1件 の用語解説(ガラスの崖の意味・用語解説を検索)

人事労務用語辞典の解説

ガラスの崖」(glass cliff)とは、2004年に英エクセター大学ミシェルライアン教授とアレックス・ハスラム教授が提唱した造語で、「ガラスの断崖」「ガラスの崖っぷち」とも訳されます。業績が低迷し、危機的な状況にある企業では、男性よりも女性が、リーダー的な役職や幹部に起用される傾向にある、という現象を指す言葉です。そうした女性が占める立場は見た目以上に危うく、マネジメントに失敗するリスクに晒されていることから、女性の昇進を阻む見えない障壁を意味する「ガラスの天井」(glass ceiling)にちなんで「ガラスの崖」と名づけられました。
(2014/3/31掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガラスの崖の関連キーワード安全ガラススライドガラスデッキガラスガラスの鍵ガラスの絆ガラスの獅子ガラスの短剣ガラスの塔ガラスの密室ガラスの村

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガラスの崖の関連情報