コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガリア主義 ガリアしゅぎGallicanism

翻訳|Gallicanism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガリア主義
ガリアしゅぎ
Gallicanism

フランスのカトリック教会における教皇権制限の主張とその立場。ガリカニズム,フランス教会独立主義ともいう。その起源は 14世紀の大離教時代にさかのぼる。中世教会の争点の一つであった教皇と公会議のいずれが首位にあるかの対立はバーゼル公会議で頂点に達した (→教皇の首位権 ) 。その直後の 1438年,フランスは公会議優位条項を含み,フランスにおける教皇の権限を王意に従わせる『ブールジュの国事詔書』 Pragmatique Sanction de Bourgesを施行。ルイ 14世の開いた聖職者総会は 1682年有名なガリカニズム4ヵ条を含む宣言を採択,俗事に関する国王の教皇よりの独立,教皇の公会議依存,フランス国内の慣習と権利の尊重,信仰事項に関する教皇の決定は公会議の承認を要するとした。司会者で宣言の起草者 J.ボシュエは国教会創立の離教的傾向を押えた。 18世紀に入ると教皇の不可謬説を否定し (→教皇不謬性 ) ,ついに大革命は国教会創立を企てるにいたった。 1801年ナポレオンの政教条約はガリカニズムを再興し,その精神はアクシオン・フランセーズにも影響。今日ではごく一部に残るのみ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ガリア主義の関連キーワードインノケンチウス11世インノケンチウス12世アレクサンデル8世クレメンス13世クレメンス11世クレメンス12世クレメンス9世ガリカニスムレオ12世ゲランジェトマサン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android