ガリウムヒ素ショットキー・ダイオード(読み)ガリウムヒそショットキー・ダイオード(英語表記)gallium arsenide Schottky diode

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガリウムヒ素ショットキー・ダイオード
ガリウムヒそショットキー・ダイオード
gallium arsenide Schottky diode

ガリウムヒ素 (ヒ化ガリウム ) の半導体基板上に,真空蒸着,電気メッキ,化合物からの分解などの方法で,金,ニッケル,タングステン,モリブデン,バナジウムなどの金属薄膜を形成し,ショットキー型の障壁を形成したものである。半導体から金属に注入されるキャリア (担体) により導電が行われ,少数キャリアの半導体側への注入はない。ガリウムヒ素の電子移動度の大きいことを利用したこの種のダイオードは,マイクロ波,ミリ波の小信号発振素子,同じく検波,ミキサ,パラメトロン用素子に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android