コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガルダン・ツェリン がるだんつぇりん

世界大百科事典内のガルダン・ツェリンの言及

【ジュンガル】より

…96年清の康熙帝の率いる軍に決定的敗北を喫して,97年アルタイ山中で急死した。しかしジュンガル王国はガルダンの後を継いだその甥ツェワン・アラプタン(在位1697‐1727)とガルダン・ツェリン(在位1727‐45)父子の時代が最盛期で,この間にチベットの内紛に干渉して兵をラサに入れ(1717),また外モンゴリアの領有を清と争った(1731‐32)。 ガルダン・ツェリンの没後,王国に内紛が相次ぎ,その勢力は急激に衰えた。…

※「ガルダン・ツェリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ガルダン・ツェリンの関連キーワードアムルサナ準部

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android