コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キアブレーラ Chiabrera, Gabriello

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キアブレーラ
Chiabrera, Gabriello

[生]1552.6.18. ローマ
[没]1638.10.14. ローマ
イタリアの詩人。ギリシア古典の韻律をイタリアの詩形式に導入し,これを再生させたことで著名。代表作に『ゴティアーデ』 Gotiade (1582) ,『アメデイデ』 Amedeide (1620) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キアブレーラ
きあぶれーら
Gabriello Chiabrera
(1552―1638)

イタリアの詩人。マリーノとともにバロック期を代表する。サボーナ生まれ。アナクレオン、ピンダロス風の伝統詩、そして当時のあらゆる詩型を試みた。音と韻律を詩の生命とし、比類のない新造語、語句の組合せのちりばめられた甘美なオード、カンツォネッタ、そして音楽劇(メロドランマ)などのうちに、絶えず「驚異」、「実験」を追求する詩法は、まさに新しい世界をみた時代精神を表現している。[望月紀子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キアブレーラの関連キーワード6月18日

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android