コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリーノ マリーノ Marino(Marini), Giambattista

6件 の用語解説(マリーノの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリーノ
マリーノ
Marino(Marini), Giambattista

[生]1569.10.18. ナポリ
[没]1625.3.25. ナポリ
イタリアの詩人。イギリス形而上詩人に通じる大胆な隠喩と強引な対照法を駆使し,優美で流暢な詩を作った。彼の名から出たマリニズモは 17世紀イタリアの詩人たちに多大の影響を与えたが,空疎な技巧に走り,見るべきものは少い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マリーノ(Giambattista Marino)

[1569~1625]イタリアの詩人。その奇想的、感覚的詩風はマリニズモとよばれ、17世紀イタリアのバロック文学を方向づけた。長編叙事詩「アドーネ」など。

マリーノ(Marino)

イタリアの首都ローマ南東部、カステリロマーニ地方の町の一。アルバーノ湖の北西岸に面する。町の名を冠した白ワインの産地として有名。街中の噴水からワイン流れ出ることで知られるぶどう祭りは毎年10月に催され、多数の観光客が訪れる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マリーノ【Giambattista Marino】

1569‐1625
イタリアの詩人。ナポリに生まれる。父の命により法律を学ぶがまもなく放棄し,文学修業と放蕩無頼の青春を故郷で送り,2度獄に下る。なおこの時期に晩年のタッソを知った。1600年故郷を逃げ出し,ローマで枢機卿の客となる。主人に従ってラベンナ,次いで08年トリノへと移り,同地でサボイア公の宮廷に迎え入れられ,厚遇を受ける。詩人の名声はいよいよ高まったが,その一方で同僚の詩人との論争詩の応酬が刃傷沙汰に及ぶ事件もあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

マリーノ【Giambattista Marino】

1569~1625) イタリアの詩人。奇想にあふれた感覚的なバロック趣味の詩風はマリニズモと呼ばれ、一世を風靡した。代表作に恋愛叙事詩「アドーネ」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マリーノ
まりーの
Giambattista (Giovan Battista) Marino
(1569―1625)

イタリアの詩人。ナポリの弁護士の家に生まれる。早くから詩人を志して、法律の勉強を強制する父親と対立、ついには勘当を受け、文学を愛好する貴族たちの援助に頼りながら、文学修業と二度の投獄にみられる放蕩(ほうとう)無頼の青春を故郷に送った。この間、晩年の大詩人タッソを知り、その対話編の出版に携わる。1600年に故郷を逃げ出してローマへ赴き、02年から枢機卿(すうききょう)に仕えた。なおこの年、処女詩集をベネチアで刊行している。06年、主人に従ってラベンナへ移ったが、08年にはトリノのサボイア公に取り入って宮廷へ迎え入れられた。激越な論争詩を闘わした同僚詩人から未遂に終わったものの拳銃(けんじゅう)で撃たれる事件が起きたりするなかで、騎士の称号を受けるなど急速に地位と名声を高めていったが、他方、主君を誹謗(ひぼう)したかどで1年余りの獄中生活を強いられもした。15年フランスの皇太后に招かれてパリに渡り、やがて国王ルイ13世の庇護(ひご)も得て、ここに宮廷詩人の光栄をほしいままにした。作品の多くはこの時期に完成し、発表された。23年、畢生(ひっせい)の大作『アドニス』をルイ13世に献じたのを最後にイタリアへ帰り、2年後の25年、まさに栄光の絶頂において故郷の地に没した。
 作品は韻文を中心に膨大な量に上るが、おもなものは、処女作の『詩集』(1602)を増補改訂した叙情詩集『竪琴(たてごと)』(1608、増補決定版1614)と牧歌集『風笛(ふうてき)』(1620)、そして代表作の長編叙事詩『アドニス』(1623)20歌である。これは、ギリシア神話の女神アフロディテと美少年アドニスの恋の物語を基本の筋に用いながら、そこに古典から借りたさまざまな挿話を混入させた4万行を超える長大な作品で、絶えず読者を驚かさなければいけないという独自の詩学に基づいて案出された、奇抜な隠喩(いんゆ)、誇張した表現、意表をつく展開が重要な特色をなしている。マリーノを時代の寵児(ちょうじ)たらしめたものも、実は、『アドニス』において極められたマリニズモとよばれるこの新しい詩法であり、それは17世紀イタリアのバロック文学を決定的に方向づけることになった。[林 和宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマリーノの言及

【バロック文学】より

…彼はベルニーニやボロミーニの手になるローマのバロック建築と装飾の,曲線の支配や全体の動的統一やファサードの強調といった特徴を文学の次元に移行させつつ,魔女キルケや変幻自在の海神プロテウスが活躍し,魔法の城やアルゴ船の一行や奇怪な動物や聖イグナティオスらが次々に登場する宮廷バレエとか,主人公が狂気を装ったり変装したり,瓜二つとか取違えのために混乱に陥ったりするロトルースキュデリーコルネイユの演劇,旋風,雲,水の泡,震える水面,炎等の束の間の浮動するものを歌ったド・ブリーブ,ラ・メナルディエール,ド・ビオの詩をバロックの典型とした。 イタリア文学についてはジェットGiovanni Gettoは,哲学者で宗教裁判で焚刑にあったブルーノ,《太陽の都》で有名なカンパネラマリーノらの名を挙げる。《英雄的狂気》の中でブルーノは身を滅ぼしても真理と美の女神アルテミスを追うアクタイオンのことを〈心誘う灯火に向かって舞い飛ぶ胡蝶は炎にやかれて亡ぶ身の末を知らず〉と歌う。…

【プッサン】より

…しかし,パリ時代の作品は伝わらない。パリ滞在中のイタリアの詩人G.マリーノの称賛をうけ,24年その援助で年来のローマ行きが実現する。マリーノはまもなく没するが,マリーノの知人であったバルベリーニ枢機卿の後見もあり,しだいにこの地で名声を得るようになる。…

【メッツォジョルノ】より

…その思想を異端に問われて焚刑にされたG.ブルーノやユートピアを描くことによって,かえって悲惨な現実を逆照射することになったT.カンパネラが活動したのも,この16世紀末から17世紀にかけての時代だった。経済は停滞し,社会の閉塞状況が強まるなかで,前代の文学を激しく批判し,新しい詩の言語と様式の確立を主張して,神話や多彩な暗喩を駆使した作品を発表したのが,バロック期を代表する詩人のG.マリーノであった。 一方,17世紀後半に,デカルトの合理主義思想とガリレイの科学的探究の精神が結びついた形でナポリにもたらされると,新たに形成されつつあった市民層は,教会と世俗権力との結びつきを嫌って,これを受け入れた。…

※「マリーノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マリーノの関連キーワードカンパニアビーコスパッカナポリナポリを見てから死ねナポリ大聖堂オールドナポリディ・ジャーコモバジーレスパゲティ・ナポリタンナポリ風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マリーノの関連情報