コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナクレオン Anakreōn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アナクレオン
Anakreōn

[生]前570頃.イオニアテオス
[没]?
ギリシアの抒情詩人。前 545年頃ペルシアの侵入によりテオス市民たちとトラキアに逃れ,アブデラに植民した。彼自身は定住せず,サモスのポリュクラテス,アテネのヒッパルコスなど各地の僭主たちの宮廷に招かれ,テッサリアの王宮にも滞在。彼の詩は酒や恋を歌った軽い遊戯的なものが多く,彼の用いた多種多様な詩形のなかにはアナクレオン詩句と呼ばれる単純明快な韻律があり,文体も簡潔だったために,多くの模倣者を生み,『アナクレオンテア』 Anakreonteaという後世の模作集が現存する。彼の詩集はヘレニズム時代に抒情詩 (メロス ) のほかに,エレゲイアイアンボスエピグラムなどを含めて6巻が編まれたが,現存するのは断片百数十のみ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アナクレオン(Anakreōn)

[前570ころ~前480ころ]古代ギリシャの叙情詩人。恋と酒を歌った快楽派詩人として名高い。後世に「アナクレオン風」という詩風を残す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アナクレオン

前6世紀後半から前5世紀前半のギリシアの抒情詩人。テオス島の出。各地の独裁者(僭主)の宮廷に仕える。すぐれた技巧によって酒と恋をたたえた。後に多くの模倣詩が現れたが,それをアナクレオンティア(アナクレオン風)と呼ぶ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アナクレオン【Anakreōn】

前6世紀後半から前5世紀前半の古代ギリシアの詩人。前570年ころ,エーゲ海に面した小アジアのポリス,テオスに生まれたとされる。同郷人とともにトラキアのアブデラに植民市を建設した後,文芸保護者として当時名高かったサモスの僭主ポリュクラテスのもとに招かれた。僭主の死後アテナイに渡り,テッサリアに居を移し,再びアテナイに戻って,ひじょうな高齢で死んだという。彼の書いた詩は,イアンボス詩,エレゲイア詩,そしてリラ(竪琴)に合わせて歌われるべき詩(メロス)の3種に分かれ,これらは,アレクサンドリア時代の文献学者アリスタルコスの手によって6巻の詩集にまとめられたが,ごく一部が断片の形で伝わっているのみである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アナクレオン【Anakreōn】

紀元前六世紀前半~五世紀初め頃の古代ギリシャの抒情詩人。恋と酒を軽やかにうたい、その詩風を後世「アナクレオン風」といい、多くの模倣者を出した。作品はごく一部が断片で伝わる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アナクレオン
あなくれおん
Anakreon
(前570ころ―前480ころ)

古代ギリシアの叙情詩人。小アジアのテオス生まれ。ペルシアの侵略によって故郷を去り、市民とともにアブデラの町を建設した。そののち、サモス島の僭主(せんしゅ)ポリクラテスの宮廷に招かれ、その息子に詩歌や音楽を教えた。この僭主が殺されると、アテネの僭主に迎えられ、そののちも各地の王侯貴族の館(やかた)に招かれて、名声も高く、市民からも親しまれていた。彼の詩は、大部分が酒、美少年、乙女、恋を歌った軽快なもので、豊かな情緒と鋭い感受性に恵まれたこの風流詩人が広く愛されていたことは、アテネのアクロポリスに彼の像が建てられたことや、後世にも多くの愛好者、模倣者を出したことからもうかがわれる。彼の詩は断片が百数十編残っており、その韻律を模倣して後代につくられた短詩60編余が、アナクレオンテイア(アナクレオン風)の名で伝わり、後の詩人たちにも大きな影響を与えた。[大竹敏雄]
『呉茂一訳『ギリシア抒情詩選』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアナクレオンの言及

【ギリシア文学】より

…この時代の抒情詩文学においては,時と場所が課する要請と,歌い手の詩人自身の個性とが不可分の一体を成している場合も多く,アルカイオスのように政治と自分と酒の歌とが一つに歌われているものもある。またこの時期に各地の僭主たちの宮廷に招かれて宴席に華をそえたイビュコスやアナクレオンのような耽美的詩人たちも現れている。オリュンピアの体育競技の祭典やデルフォイ,イストミア,ネメアなどでの同様の催しがにぎわいの頂点にあったのも前500年代のころであり,競技祭における神人一体の勝利の喜びを合唱歌として歌った詩人たちは数多い。…

【詩】より

…これら英雄や神々の物語とは別に,庶民の日常生活に根ざしたヘシオドス(前700ごろ)の《農と暦》や,神話伝説を整理した《神統記》もある。抒情詩を代表するのはアルカイオスと女流詩人サッフォー(ともに前7世紀)で,ついでアナクレオンが出るが,いずれも古くから伝わる独唱歌の様式を踏んでいる。他方,合唱歌の作者としてはシモニデス,ピンダロス(ともに前6世紀から前5世紀)があり,これは公式行事や祭儀で歌われた。…

※「アナクレオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アナクレオンの関連キーワードアリスタルコス[サモトラケの]バレール・ド・ビュザクアナクレオン詩派アナクレオン派ルーマニア文学ギリシア詞華集バーチュシコフギリシア音楽ハーゲドルンキアブレーラギリシア文学ポリクラテスヒッパルコスアルバーニカプニストクライストシモニデスゼノドトスヤコービグライム

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android