コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンツォネッタ canzonetta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンツォネッタ
canzonetta

カンツォーナの縮小形。単純な短い歌曲,器楽曲をさす。多くは舞曲調で書かれている。 C.モンテベルディ,O.ベッキやイギリスのマドリガルの作品に,またチャイコフスキーの『バイオリン協奏曲』の第2楽章にこの名称が用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カンツォネッタ(〈イタリア〉canzonetta)

16世紀後半に流行した、軽い気分の小歌曲。短いカンツォーネ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

カンツォネッタ【canzonetta】

カンツォーネの小規模なもの。一六、七世紀のイタリアで流行。
抒情的小曲。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンツォネッタ
かんつぉねった
canzonettaイタリア語

「カンツォーネ」の縮小詞で「小さなカンツォーネ」という意味。16世紀から18世紀まで流行した短いが活気ある世俗多声歌曲である。多くは明確な調性をもつホモフォニー様式で書かれ、歌詞は田園を表したもののほか、好色的、風刺的なものもある。マレンツィオ(1553―99)、モンテベルディ(1567―1643)、ガストルディ(1550ころ―1622)などのイタリアの作曲家によって数多く作曲され、その影響がイギリスのモーリー(1557―1603)、ドイツのハスラー(1564―1612)に及んだ。18世紀にはピアノ伴奏独唱歌曲にもこの名が与えられた(ハイドンに例がある)。また、器楽曲にこの名がつけられたものもある。[石多正男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カンツォネッタの関連キーワードキアブレーライタリア音楽ファーナビー小曲

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android