コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キタムラサキウニ Strongylocentrotus nudus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キタムラサキウニ
Strongylocentrotus nudus

棘皮動物門ウニ綱エキヌス目オオバフンウニ科。殻は紫褐色の半球形で下面が平たく,大きなもので殻径 10cm,殻高 5cmほどになる。とげは長く,暗紫色または暗褐色ムラサキウニによく似ているが,管足壁に含まれる骨片の形が,本種では両端が二叉になった弧状であるのに対し,ムラサキウニでは先端がとがった三叉状または棒状であることで区別される。北海道では9~11月が生殖時期で,産卵前の生殖巣は生食したり塩辛にしたりして食用に供される。相模湾以北の冷水域に分布し,浅海の岩礁や礫地帯にすむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キタムラサキウニ【Strongylocentrotus nudus】

ウニ綱オオバフンウニ科に属する棘皮(きよくひ)動物。相模湾以北に分布し,北海道の沿岸には多産する。殻の大きさは大きなもので直径10cm,高さ5cmほどになり,半球形で下面は平たい。とげは暗紫色,または暗褐色で,長さ1.5~3cm,表面に細かい縦線がある。歩帯の各板には通常6対,まれに5対の管足孔が斜めに弧を描いて並ぶ。管足には両端が二叉になった少数の弧状骨片がある。雌雄異体。9~11月が生殖時期で,過熟前の生殖巣は生食や塩辛に加工される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キタムラサキウニ
きたむらさきうに / 北紫海胆
[学]Strongylocentrotus nudus

棘皮(きょくひ)動物門ウニ綱オオバフンウニ科に属する海産動物。北海道と本州北部の沿岸でもっとも普通にみられる紫色のウニ。殻の直径6~7センチメートル、棘(とげ)の長さ2~3センチメートルぐらい。本種より南方に分布するナガウニ科のムラサキウニに酷似するが、棘がやや暗緑色を帯びて、表面に顕微鏡的な刻み目の列があること、裸殻が緑色、または紫色であること、岩の穴の中へ入る習性がないことなどによって区別できる。岩礁、玉石などの上をはい、海藻、生物体の破片、腐食物などを摂食する。産卵期は9~10月下旬まで。食用種として重要で、1年間に数百トンの生殖巣が水揚げされる。朝鮮半島と中国北部沿岸にも分布する。[重井陸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のキタムラサキウニの言及

【ウニ(海胆)】より

…これにとげや管足が生じ,8本の腕がおちると底生生活に入る。キタムラサキウニは2~3年で親になり,10年間ほど生きるといわれている。
[生態]
 すべて海産で,汽水や淡水にすむものはない。…

※「キタムラサキウニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キタムラサキウニの関連キーワード岩手のウニ漁うにまるアカウニ紫海胆うに

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キタムラサキウニの関連情報