キャサリン ヘプバーン(英語表記)Katharine Hepburn

20世紀西洋人名事典の解説


1907.11.9.(1909.説あり) -
米国の女優。
コネティカット州ハートフォード生まれ。
名家の出で、幼い時から演劇に憧れ、12才でアマチュア劇団に参加、カレッジ演劇で経験をつみ1928年卒業後ボルティモアの劇団でデビュー。ブロードウェイ勇士」(’32年)で注目を浴び、同年「愛の嗚咽」で映画デビュー、第3作「勝利の朝」(’33年)でアカデミー主演女優賞受賞、’42年「女性No.1」以来スペンサー・トレーシーとは名コンビと評判をとり、知性美と優れた演技力で’67年「招かれざる客」、’68年「冬のライオン」、’82年「黄昏」と4回オスカーを受賞。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1907年5月12日
アメリカの女優
2003年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キャサリン ヘプバーンの関連情報