黄昏(読み)たそがれ

精選版 日本国語大辞典「黄昏」の解説

たそ‐がれ【黄昏】

〘名〙 (古くは「たそかれ」。「誰(た)そ彼(かれ)は」と、人のさまの見分け難い時の意) 夕方の薄暗い時。夕暮れ暮れ方たそがれどき。また、比喩的に用いて、盛りの時期がすぎて衰えの見えだしたころをもいう。→かわたれ
※海人手子良集(970頃)「黄に涙の玉をながめつつねふして夜はにあかすともし火」
※源氏(1001‐14頃)顔「寄りてこそそれかとも見めたそかれにほのぼの見つる花の夕顔」
※現代文学にあらはれた知識人の肖像(1952)〈亀井勝一郎〉杉野駿介「私には人類の黄昏(タソガレ)としてみえる」

こう‐こん クヮウ‥【黄昏】

〘名〙
① (形動タリ) 日の暮れかかること。夕やみのせまること。また、そのさま。夕暮。たそがれ。
※将門記(940頃か)「孟冬の日、黄昏に臨めり」 〔楚辞‐離騒〕
② 戌(いぬ)の刻のこと。
※延喜式(927)四「其儀十五日黄昏以後。禰宜率諸内人、物忌等。陣列神御雑物。訖亥時供夕膳。丑時供朝膳。禰宜内人等奏歌舞」 〔淮南子‐天文訓〕

たそが・れる【黄昏】

〘自ラ下一〙 たそが・る 〘自ラ下二〙 (名詞「たそがれ」を動詞化したもの) 夕暮となる。暮方になる。また、比喩的に、盛りが過ぎて衰える。
※俳諧・俳諧次韻(1681)「蚓の音さへ耳に腹だつ〈才丸〉 月の秋うらみはこべの且夕(タソカレ)て〈揚水〉」
※人情本・英対暖語(1838)五「はや黄昏(タソガレ)て、田甫(たんぼ)には耕作する人もなく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「黄昏」の解説

黄昏

1981年製作のアメリカ映画原題《On Golden Pond》。監督:マーク・ライデル、出演:ヘンリー・フォンダキャサリンヘプバーン、ジェーン・フォンダほか。第54回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。同主演男優賞(ヘンリー・フォンダ)、主演女優賞(キャサリン・ヘプバーン)、脚色賞受賞。第39回米国ゴールデングローブ賞作品賞(ドラマ部門)受賞。

黄昏

1952年公開のアメリカ映画。原題《Carrie》。監督:ウィリアム・ワイラー、出演:ジェニファー・ジョーンズ、ローレンス・オリビエ、ミリアム・ホプキンスほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「黄昏」の解説

たそ‐がれ【黄昏】

《古くは「たそかれ」。「かれは」と、人の見分けがつきにくい時分の意》
夕方の薄暗い時。夕暮れ。
盛りを過ぎて終わりに近づこうとするころ。「人生の黄昏
[補説]作品名別項。→黄昏
[類語]晩方夕方日暮れ夕暮れ夕べ夕刻薄暮火ともしごろ宵の口暮れ方イブニング今夕夕間暮れう魔が時大禍おおまがナイトフォール黄昏たそがれ薄明かり明かり灯火ライトともしびきらめき輝き光明光輝光耀こうよう光彩光芒こうぼう明るみ雪明かり月明かり星明かり川明かり花明かり街明かり窓明かりほの明るい薄明るい余光薄明かわたれ時残照夕明かりおぼろ微光ほのめく薄ら日ほのぼのトワイライト

たそがれ【黄昏】[映画]

《原題On Golden Pond》米国の映画。1981年公開。マーク=ライデル監督による人間ドラマ。年老いた夫婦、その再婚相手の連れ子の関係を描く。ゴールデングローブ賞作品賞を受賞。

こう‐こん〔クワウ‐〕【黄×昏】

日の暮れかかること。夕暮れ。たそがれ。
「到着せしは―の頃なりしが」〈福田英子・妾の半生涯〉
いぬの刻。〈下学集

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「黄昏」の解説

【黄昏】こう(くわう)こん

夕ぐれ。宋・林逋〔山園小梅、二首、一〕詩 疎影斜して、水淺 動して、

字通「黄」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android