コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャリア・ディベロップメント・プログラム career development program

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャリア・ディベロップメント・プログラム
career development program

従業員の経歴や,現在従事している職務内容,将来の希望する方向などにつき,従業員ひとりひとりの特性を把握し,この特性に基づいて従業員の昇給昇進,適正配置,能力開発などに役立てようとする制度。もしくは,新規採用者が勤務年数に応じ多様な職務を経験し,スムーズに職業能力を発揮できるようにした制度。この制度が十分機能するためには企業が多様なキャリア・コースを確立し,従業員も必要な技能や専門知識を修得する努力が要求される。日本では,専門職制度の導入とともに注目されるようになったが,さらに 1985年の男女雇用機会均等法の制定以降,総合職のコースを選択する女性の増加などに伴い,この制度の重要性が一層高まった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android