総合職(読み)ソウゴウショク

百科事典マイペディアの解説

総合職【そうごうしょく】

1986年の男女雇用機会均等法の施行を契機に導入されたコース別人事制度において,補助的業務に携わる一般職に対し,基幹業務に携わるコース。総合職の女性は雇用の時点から賃金も〈男並み〉とされる。しかし,職場の男性ネットワークから排除されるといった性差別に突き当たることが少なくない。また,現在の環境では,出産・育児との両立がいまだ難しく,仕事か子どもかの二者択一を迫られ退職するケースも多い。こうしたなかで出産後も仕事に復帰できるような社会制度の充実(育児休業制度のみならず保育施設の充実などを含む)や長期的視野に立った女性の雇用・活用が求められている。
→関連項目男女平等単身赴任

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そうごう‐しょく ソウガフ‥【総合職】

〘名〙 男女雇用機会均等法をうけて企業に導入された、コース別人事管理制度の一つ。転居を伴う転勤のあるかわりに昇進に限度がなく、管理職になる可能性をもつ。一般職に対する語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報