コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キョルオウル Köroǧlu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キョルオウル
Köroǧlu

17世紀に,トルコ,アゼルバイジャン,中央アジアにおいて広く語り継がれたトルコ族の民族叙事詩。トルコ族の始祖伝説『オグズ・ナーメ』や,そのイスラム化された伝承である『デデ・コルクトの書』など,トルコ族固有の英雄伝説を継承している。現在トルコに伝わる伝承は,悪代官によって些細なことから盲目 körにされた父親の復讐を息子キョルオウルがするというモチーフをとっているが,キョルオウルは民衆の味方をして悪政をいましめる義賊として広く親しまれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のキョルオウルの言及

【キョルオウル物語】より

…義賊キョルオウルKöroğluを主人公とするトルコ民衆文学の代表作。17世紀アナトリアの農民反乱指導者を原型とし,〈盲人の子(キョルオウル)の復讐〉という古来の説話モティーフと融合して形成された。…

※「キョルオウル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

キョルオウルの関連キーワードキョルオウル伝説キョルオウル物語デデ・コルクトトルコ文学ボル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android