コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

始祖伝説 しそでんせつ

世界大百科事典 第2版の解説

しそでんせつ【始祖伝説】

ある民族,部族また親族集団などの起源を述べる伝説である。そこには,当の集団の祖先にあたる神的存在や半神的英雄の功業事跡などがしばしば含まれる。人類起源神話と重なるモティーフを持つものもあるが,普通,宇宙の秩序が設定された後に物語が展開するため,既存のさまざまの領域からの始祖出現を語るものが多い。天からの降下や海上渡来あるいは地中からの出現などである。また他の土地から陸上を移動して来る場合もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

始祖伝説の関連キーワードデデ・コルクトの書キョルオウルアメリカ神話チチカカ湖異類婚姻譚朝鮮説話三品彰英浦島太郎哀牢夷温祚王母神哀牢味鄒夜郎

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android