コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリシタン書 キリシタンしょ

世界大百科事典 第2版の解説

キリシタンしょ【キリシタン書】

日本イエズス会が1591‐1614年(天正19‐慶長19)に印刷したキリシタン版のうち,典礼書,教理書,修養書などがいわゆるキリシタン書である。91年の最初の印刷《どちりいなきりしたん》(《どちりなきりしたん》)はキリスト教教義のカテキズモであり,《サカラメンタ提要》は教会用の典礼書である。修道者用には《心霊修行》《金言集》などがある。信仰・修養書に《ヒイデスの導師》《サントスの御作業のうち抜書》《ぎや・ど・ぺかどる》《スピリツアル修行》《コンテンツス・ムンヂ》があり,内容は聖書と聖伝の引用,ヨーロッパの信心書などの抄訳である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

キリシタン書の関連キーワードファビアン妙貞問答破提宇子ハビアンバレト禁書

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android