コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリ・グル・ムハンマド遺跡 キリ・グル・ムハンマドいせきKili Ghul Muhammad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリ・グル・ムハンマド遺跡
キリ・グル・ムハンマドいせき
Kili Ghul Muhammad

パキスタンのクウェッタ市の北約 3kmにある先史遺跡。 1950年に W.フェアサービスが調査。バルチスターンにおける前 4000年紀の農耕の古相を示す遺跡として有名。最下層I期は土器がなく,建物はピゼ (練土) で造られ,羊,やぎなどの家畜骨や磨製石器のほか,鎌の刃と考えられる石器から農耕の存在が想定される。 II期では土器 (縄蓆文など) ,泥煉瓦が現れ,骨器も伴う。 III期には銅器も現れ,轆轤 (ろくろ) 製の赤または黒で描いた彩文土器となる。 IV期はケチ・ベッグ土器の時代である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

キリ・グル・ムハンマド遺跡の関連キーワードメールガル遺跡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android