コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリ・グル・ムハンマド遺跡 キリ・グル・ムハンマドいせきKili Ghul Muhammad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリ・グル・ムハンマド遺跡
キリ・グル・ムハンマドいせき
Kili Ghul Muhammad

パキスタンのクウェッタ市の北約 3kmにある先史遺跡。 1950年に W.フェアサービスが調査。バルチスターンにおける前 4000年紀の農耕の古相を示す遺跡として有名。最下層I期は土器がなく,建物はピゼ (練土) で造られ,羊,やぎなどの家畜骨や磨製石器のほか,鎌の刃と考えられる石器から農耕の存在が想定される。 II期では土器 (縄蓆文など) ,泥煉瓦が現れ,骨器も伴う。 III期には銅器も現れ,轆轤 (ろくろ) 製の赤または黒で描いた彩文土器となる。 IV期はケチ・ベッグ土器の時代である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

キリ・グル・ムハンマド遺跡の関連キーワード東海道本線東武鉄道低速度層大島川湯[温泉]八上城跡岩手山近畿日本鉄道成田線阪急電鉄