コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東海道本線 とうかいどうほんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東海道本線
とうかいどうほんせん

日本の太平洋岸を通る幹線鉄道。東京-神戸間 589.5km。東京-熱海間と5本の支線が JR東日本。熱海-米原間と3本の支線が JR東海。米原-神戸間と1本の支線が JR西日本の所属となっている。このほか貨物線をも含め総営業キロ数は 717.4km。横浜,静岡,浜松,名古屋,京都,大阪などの大都市を結び,京浜,中京,京阪神大都市圏を貫通する日本の鉄道輸送大動脈である。明治5 (1872) 年,新橋 (現汐留駅) -横浜 (現桜木町) 間が開通し,日本最初の鉄道区間になった。 1889年新橋-神戸間が全通し,1913年全線の複線化が完成した。 14年東京駅の設置に伴い,東京駅が起点となった。 34年丹那トンネル (7804m) の完成により,国府津御殿場-沼津間は御殿場線となった。 56年全線電化。 64年に新幹線が平行して開業した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とうかいどう‐ほんせん〔トウカイダウ‐〕【東海道本線】

東京から横浜名古屋京都大阪を経て神戸に至るJR線。明治5年(1872)開業。全長589.5キロ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

東海道本線【とうかいどうほんせん】

東京〜神戸間ほか(支線129.3km)のJR線。営業キロ718.8km。名古屋を経由して京浜と京阪神を結ぶ日本の最重要幹線鉄道。1872年新橋〜横浜間が日本最初の鉄道として開通,1874年以降神戸から路線を東進させ,1889年新橋〜神戸間が全通。
→関連項目京都[駅]新幹線東海旅客鉄道[株]東西線中[区]名古屋[駅]西[区]横浜[駅]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうかいどうほんせん【東海道本線】

東京駅を起点とし神戸駅に至る589.5kmのJRの営業線。104.6kmがJR東日本,341.3kmがJR東海,143.6kmがJR西日本に属する。ほかに旅客支線107.3km,JR貨物に属する貨物支線18.3kmもある。なお,JR西日本では米原~京都間を琵琶湖線,京都~大阪間をJR京都線,大阪~神戸間をJR神戸線と愛称。 東海道本線は日本の鉄道発祥の線区で,1872年新橋(のちの汐留貨物駅)~横浜(現在の桜木町)間が,74年大阪~神戸間が開通した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とうかいどうほんせん【東海道本線】

東海道沿いに、東京から横浜・名古屋・京都・大阪などの大都市を経由して、神戸に至る幹線鉄道。東京・熱海(104.6キロメートル)の JR 東日本、熱海・米原(341.3キロメートル)の JR 東海、米原・神戸(143.6キロメートル)の JR 西日本からなる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東海道本線
とうかいどうほんせん

東日本旅客鉄道(JR東日本)、東海旅客鉄道(JR東海)および西日本旅客鉄道(JR西日本)の3社にまたがる鉄道の線路名称。JR東日本は東京―熱海(あたみ)間(104.6キロメートル)、品川―新川崎―鶴見間(おもに横須賀(よこすか)線電車用、17.8キロメートル)、貨物線4線区(47.4キロメートル)、JR東海は熱海―米原(まいばら)(341.3キロメートル)、大垣(おおがき)―関ヶ原(下り専用、13.8キロメートル)、大垣―美濃(みの)赤坂(5.0キロメートル)、JR西日本は米原―神戸(143.6キロメートル)、吹田(すいた)貨物ターミナル―尼崎(あまがさき)(貨物、12.2キロメートル)を、日本貨物鉄道(JR貨物)が山王(信号場)―名古屋港6.2キロメートルと吹田貨物ターミナル―大阪貨物ターミナル8.7キロメートルを保有している。日本の鉄道網のなかでの最重要幹線で、首都圏、中京圏、京阪神圏を結ぶ。日本最初の営業用鉄道として、政府自らが建設、経営にあたってきた。品川―横浜(現、桜木町)間が1872年6月12日(明治5年5月7日=旧暦)仮開業、同年10月14日(明治5年9月12日=旧暦)明治天皇を迎えて新橋(のちの汐留(しおどめ)、1986年廃止)―横浜間で開業式を行った。京阪神側では大阪―神戸間が1874年に開業し、京都―大阪間が1876年、大津(現、浜大津)―京都間が1880年と逐次延長された。当初は東京と京都とを結ぶ幹線鉄道は中山道(なかせんどう)経由で建設される予定であったが、中部地方の山地を横断する部分が予想以上に難工事であることがわかり、1886年東京―名古屋間では東海道経由に変更された。これによって東西から建設を促進し、1889年7月1日、長浜―米原―馬場(現、膳所(ぜぜ))、深谷(ふかたに)(1899年に廃駅)―米原間の開業によって全線の開通をみた。
 当時の東海道本線は国府津(こうづ)―沼津間(箱根越え)、大垣―米原間(伊吹越え)、膳所―京都間(逢坂(おうさか)越え)などに25‰(パーミル)の急勾配(こうばい)区間があり、日本経済の発展とともに急増する輸送需要に応ずるのに大きな障害となった。これらの急勾配区間は伊吹越えの西側斜面で1901年(明治34)に複線化と別線建設を同時に行って勾配を緩和したのを最初として、1921年(大正10)に逢坂越え、1934年(昭和9)に箱根越えの上り勾配を解消し、さらに1944年には伊吹越え東側斜面の別線建設も完成して、25‰の上り勾配を解消した。とくに箱根越えにおいては、当初箱根外輪山の外側を回るルートであったものを、小田原(おだわら)、熱海経由とし、丹那(たんな)盆地の下に長大トンネル(丹那トンネル、完成時7804メートル)を掘削して沼津に短絡するという大工事となった。丹那トンネルの建設は、大量の湧水(ゆうすい)、温泉余土、断層などの存在に加えて、北伊豆大地震など、多くの障害に直面して、全通までに16年の歳月を要した。現在の御殿場(ごてんば)線はかつての東海道本線の箱根越えルートの名残(なごり)である。
 複線化は日本の幹線鉄道中もっとも早く、1876年(明治9)の新橋―品川間に始まり、逐次複線区間を延長して、1913年(大正2)天竜川橋梁(きょうりょう)区間の完成により全線の複線化を完了。東京側のターミナル駅を新橋から東京駅に移したのは1914年で、旧新橋駅は汐留と改称して貨物駅となった。また電化は、近距離電車区間として1914年の東京―横浜間が最初であるが、中長距離列車用としては1925年の東京―国府津間に始まり、1956年(昭和31)に全線の直流電化が完成している。
 第二次世界大戦後も東海道本線の輸送需要は増加を続け、1957年日本国有鉄道(国鉄)は東京―大阪間に国際標準軌間(1435ミリメートル)を採用した新規格の別線の建設を決定し、1964年に東海道新幹線として開業した。さらに1972年に山陽新幹線の一部として新大阪―岡山間が延長開業されている。これによって大都市間の旅客輸送の機能は新幹線に移り、在来線は、沿線に連続する個々の都市圏内輸送と貨物輸送を主とするようになった。1987年国鉄の分割民営化により3社に分割保有された。
 2001年(平成13)の湘南(しょうなん)新宿ラインの運行開始とともに、一部列車は渋谷、新宿、池袋を経由して高崎線と直通運転を開始した。また2015年の上野東京ライン開業により、東京止まりであった大部分の列車が東北本線(宇都宮線)、高崎線と直通運転を行うようになるとともに、常磐(じょうばん)線の一部列車の品川への乗り入れが開始された。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東海道本線の関連情報