コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キレート試薬 キレートしやくchelating agent

世界大百科事典 第2版の解説

キレートしやく【キレート試薬 chelating agent】

金属イオンに配位してキレート化合物をつくる多座配位子,あるいはそのような多座配位子となりうる化合物をいう。たとえば炭酸は二つの水素イオンを放って炭酸イオンとなり,中心原子Mに配位して4員キレート環をもつカルボナト錯体をつくるから,炭酸,炭酸イオンあるいは炭酸塩は最も簡単なキレート試薬の一つである。同様のものとして,5員キレート環をもつオキサラト錯体をつくる,酸性基二つをもつシュウ酸のようなジカルボン酸がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のキレート試薬の言及

【有機試薬】より

…これを紙片にしみ込ませてpH試験紙が作られる。金属イオンの分析や分離に用いられるキレート試薬は,特定の金属あるいは金属群と選択的に反応して錯体(金属キレート)を作る。錯体が水に不溶であれば金属は沈殿物として分離され,その重量を測って金属を定量する(沈殿試薬)。…

※「キレート試薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キレート試薬の関連キーワードアセト酢酸エステル金属キレート化合物エチレンジアミンコンプレクサンキレーションキレート滴定金属指示薬指示薬

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android